2016年6月9日木曜日

飛蚊症と水素

飛蚊症

普通の飛蚊症は、硝子体しょうしたいのにごりが網膜に投影されて見えるものです。年齢とともに、そして近視が強いほど、硝子体には繊維の塊のようなにごりが出やすくなります。


また、加齢とともに硝子体が萎縮してしまうと、硝子体の後ろが網膜から剥がれてしまい、この部分が黒い点のように見えることもあります。


飛蚊症で眼科に行っても、そのまま治療せずに 様子見でいいと言われる事も多いので飛蚊症は改善しないんだと諦めている方がほとんどではないでしょうか?

でも、視界に「チラチラした物が飛んでいる」ってかなりのストレスではありませんか?

Bさんも飛蚊症でチラチラした物が飛んでいるように見えていてとても鬱陶しかったそうです。



眼科に行っても飛蚊症だからと「様子をみましょう」と言われたそうです。

Bさんは飛蚊症とは関係なく健康維持の為に水素をはじめられました。



水素のお風呂と水素水を試していたところ、
知らない間に飛蚊症が気にならなくなっていたそうです。



水素って、いつもそうなんです。
自分の知らない所で作用してくれていて
健康維持の為にやっていたら、お肌が綺麗になったりイボがなくなったり、便秘が改善されたり、痩せたり、加齢臭が消えたり




髪の毛にコシがでてきたり・・・・・とお客様から届く喜びの声がいっぱいです。


こんな風に自分が知らない所で、自分がまだ気づいていない体の中の病気まで消してくれているんですね。